2011 年 04 月 22 日 (金)|RSS Feed
なぜ血圧コントロールをしないといけないの?

by 漢方屋

なぜ血圧コントロールをしないといけないの?

そもそも、なぜ血圧が高いといけないのでしょう。ちょっとくらいの血圧オーバーならいいのでしょうか?アメリカのガイドラインが日本人に当てはまるのでしょうか?先日の日本高血圧学会で発表された最新のガイドライン(JSH2004)では判定基準こそ4年前の基準を準拠したものの、塩分摂取量の制限や血圧の24時間コントロールなどより厳しい対応が発表になっています。

高血圧は生活習慣病のひとつとして合併症も心配されるのです。糖尿病、高血圧症、高脂血症、といった生活習慣からくる病気は、死の三重奏。これに「肥満」を加えて死の四重奏、あるいはシンドロームX(エックス)などと呼ばれています。これらはそれぞれが独立した病気ですが、ひとつの病気になると他の病気も発症しやすくなるという研究がいくつも報告されているのです。

その他にも上の血圧が140mmHgを超えると心筋梗塞や脳梗塞といった心血管障害の起きる確率が高くなったり、血液をきれいにしているフィルター役の腎臓に負担がかかったりしてしまう事が心配されるからです。