100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; "/>

2011 年 02 月 17 日 (木)|RSS Feed
慢性腰痛からぎっくり腰まで……腰痛の漢方薬

by 漢方屋

慢性腰痛からぎっくり腰まで……腰痛の漢方薬

肩こり・腰痛・ぎっくり腰の漢方

 

腰は「腎の府(ふ=集まるところ)」といわれるほど腎と密接な関係にあります。水分代謝や血流の悪化によっても起こりますし、湿地で働く人などの環境の影響も……。漢方で解き明かす腰痛のメカニズムや代表的な漢方薬をくわしくご紹介しましょう。
 

腰痛は慢性と急性に大きく分けて考える 

 農作業や漁業に携わる人は、湿気と冷えによる腰痛に注意?!

急性の場合、疲労、睡眠不足、ストレスなどがベースにあり、これになんらかの外因が加わって発症することが多いのですが、何度も同じ症状をくりかえしたり、症状が慢性化した場合は、カラダの内部に問題があるケースが少なくありません。

なお、漢方で腰は「腎の府」と呼ばれ、腎と関連が深いとされます。腎は生殖機能をつかさどり、人間の成長発育にも密接に関係している臓器。

腎の働きは加齢とともに衰えていくのですが、年を重ねるにつれ腰痛が悪化ししたり、疲れると腰痛がひどくなるなどの場合は、腎機能の低下も考えられます。

また、腰痛は水分代謝や血流がわるくなることでも起こります。よく見られるのは、冷えによって水分代謝が悪化し、腰痛となるケース、ストレスなどによって自律神経のバランスが崩れ、血行不良で腰痛がおこるケースなどです。

血の滞りがわるくなって腰痛が起こる場合は、動かすと腰痛が改善する、朝方に腰痛がひどい、などの特徴があげられます。