2011 年 06 月 12 日 (日)|RSS Feed
身体的な原因による器質性勃起障害方法について

by 漢方屋

身体的な原因による器質性勃起障害方法について

器質性勃起障害の場合は、その特性から医師による適切な処置が必要となります。まずは専門医を訪ねることからはじめましょう。

次に混合型勃起障害の対処方法について

混合型勃起障害には機能性勃起障害(心因性)と器質性勃起障害(身体的)が併発しているものと基礎疾患(糖尿病や高血圧、腎不全、泌尿器疾患)との併発がありますが、いずれも医師による適切な処置が必要となりますので、専門医を訪ねましょう。

・その他の勃起障害の対処方法について

加齢による勃起障害については、現在のところこれといったはっきりとした原因は認めらていないようです。ただし、100歳を超えるような高齢の方を除けば諦める必要はなさそうです。その他、原因不明のものなどは医師の判断を仰ぐことが賢明であると思われます。