2011 年 02 月 11 日 (金)|RSS Feed
漢方ってクリニックではいくらかかるものなの?

by 漢方屋

漢方ってクリニックではいくらかかるものなの?


漢方治療を行う事による経済的負担はどのようになっていますか?

漢方処方の種類には多種多様あり、これまで一般的であった生薬を購入してご家庭で煮出すものから、煮出したエキスを顆粒や錠剤にしたエキス剤など剤形も様々です。また、自費のものはお値段も様々かと思われます。

不妊治療においては「加齢に伴う卵巣機能の低下」とともに「着床障害」が重要課題とされています。子宮・卵巣の血流改善・抗酸化作用を通して着床について今後検討したいと思っています。

また、不育症の分野でも漢方薬の効果が注目されています。不育症においても漢方療法が十分に活躍できると確信しております。
不妊治療、特に高度生殖医療はこの30年で革新的に進歩しました。たくさんの不妊に悩むご夫婦がその恩恵をお受けになったことでしょう。ただその一方で、高度生殖医療を駆使してもなかなか妊娠に至らないご夫婦もまだまだたくさんおられます。

ヒトにおける体外受精、そして顕微授精の確立は不妊治療においては画期的な進歩でしたが、それ以降、これらに匹敵するような新しい治療はいまだ登場しておらず、様々な「New Technology」は残念ながらいまだ臨床応用できる段階ではありません。このような状況で、高度生殖医療は「加齢に伴う卵巣機能の低下」「着床障害」というおおきな問題につきあたっています。

これらは、西洋医学的には、血流改善剤、抗酸化ストレス剤、DHEAなどのサプリメントなどが試されていますが、「血流改善」「抗酸化作用」「老化防止作用」などは本来、漢方薬の作用機序の基本をなすところです。

また、アレルギーや感染防止、体力増強など免疫機能の改善に関しては漢方薬の最も得意とするところであり、その効果は近年西洋学的に実証されその効果が認められています。着床や不育症においては免疫機能の恒常化が必要であるとの報告も多数見うけられ、その意味でも大いなる可能性が秘められています。

そもそも、「健康であること」が「妊娠すること」にとって本来一番大切であることは疑う余地はありません。東洋医学では「心身一如(しんしんいちにょ)」といって、「心と体はひとつと考え、すべての不調に対して心と体の恒常性を保つことが、予防であり治療である」と考えられてきました。

今後、西洋医学的手法に基づいた証明(検証)が不可欠ではありますが、西洋医学の最先端の治療を駆使しつつ、西洋医学の手の届かないところや、身体の根幹をなす部分を漢方薬で補助出来れば、必ずや良い結果が得られると確信しています。

本来、東洋医学における「妊娠」は太古からの大きな目的ではあるのですが、現代の私たちにとっても、漢方薬を用いた「妊娠」という目標は壮大なロマンだと思っています。