1"/>

2011 年 04 月 06 日 (水)|RSS Feed
地震などの災害・緊急時に気をつけるべき糖尿病食

by 漢方屋

地震などの災害・緊急時に気をつけるべき糖尿病食

災害・緊急時は十分な食事を食べるだけでも大変ですが、糖尿病を持つ人は平常通りの栄養管理が難しくなります。いつも通りの管理という訳にはいきませんが、深刻な状態に陥らないようにある程度の対応策は必要です

糖尿病の食事療法の基礎知識

災害・緊急時でも、できるだけ通常に近い食事を摂るのが理想的ですがなかなか難しいものです。症状の深刻な悪化を予防する食べ方が重要になります。2型糖尿病でも、中年~高齢者では糖尿病性昏睡に陥る可能性が高めになるので注意しましょう。

非常時に注意すべき糖尿病の症状

 血糖値の管理は大切。でも緊急時はなかなか難しい…

緊急時には低血糖を防ぐこと、また極度の高血糖を予防することが大切です。これらの症状は、糖尿病性昏睡など深刻な事態を引き起こす可能性があります。まずは低血糖や高血糖値の症状も把握しておくことが大切。友人や家族にも症状と対処法を伝えておきましょう。自覚症状が出ないこともあります。

■ 低血糖の症状
ふらつき、冷や汗、だるさ・脱力感、動機、怒りやすい、頭の混乱、目のかすみ、頭痛など

■ 高血糖の症状
食事をしても空腹感、喉の渇き、尿の回数が増える、疲労感、眠気、目のかすみ、皮膚のかゆみ、傷が治りにくい、風邪引きやすいなど