2011 年 02 月 17 日 (木)|RSS Feed
「流れが滞るタイプ」の肩こりで代表的な漢方薬。

by 漢方屋

「流れが滞るタイプ」の肩こりで代表的な漢方薬

ストレスタイプと、血行不良タイプの2つにわけて考えるができます。どちらも肩こりの症状がひどかったり、食生活や生活環境から起こる場合が多いようです。
 

■ ストレスで自律神経が乱れる肩こり
ストレスなどで自律神経のバランスが乱れ、血流が悪くなり、栄養や酸素がスムーズに行き渡りません。イライラすると肩こりがひどくなる、運動すると肩こりが楽になる、揉むのを嫌がるなどの症状があります。

■ 冷えなどで血行不良になる肩こり
冷たいものの摂りすぎや、冷房、打撲などで血流が悪化し、筋肉に栄養や酸素が届かなくなります。痛みの度合いが強く、夕方に痛みが激しい人も。頭はのぼせるが手足は冷たいなど、冷えのぼせの症状をともなう場合もあります。