2016 年 12 月 20 日 (火)|RSS Feed
フィト(植物)の力を使って、妊活ボディーを作りましょう

by 漢方屋

不妊について~フランスでの考え方~

「不妊」という言葉を最近よく耳にします。不妊をビジネスにしているようなものを目にすることもあり、過剰に「不妊への心配」を煽る傾向もあるように思います。もちろん、個人がしっかりとした知識を持つことは重要。

「いつか妊娠したい。数年以内には子供が欲しい」と思っている人は、未婚であれ既婚であれ、身体の準備をしておくこと。中国では妊娠を考え出す数年前から、薬膳や漢方で身体を綺麗にする、という習慣があるようです。

忙しく日々を過ごしていて、肌以外のケアを怠っていませんか?

昨年、産婦人科医であり、仏フィトテラピーの権威であるDr.アルナルの講義を聞く機会がありました。そこで不妊の原因として主にドクターが挙げていたのは下記。

1, 第一子の出産が遅くなっていること
2, 医薬品を多く摂取していること
3, 喫煙 ※一番重要
4, 痩せすぎ、太りすぎ
5, アンバランスな食事
6, 運動不足

そして、不妊の原因は理由がつかないものも多いが、不妊原因の約35%は女性・約25%は男性・35%が両者に何等かの問題があり、「相性」の問題であることもあるとのこと。
これら6つは、「妊活」においてはよく耳にする項目だとは思いますが、やはり改めて日々のケアが重要だということを痛感。

そしてある程度の期間、セルフケアを実施するも妊娠しない場合に関しては、医療の診察を受けること。フランスには日本ではなかなか入手できないようなハーブを薬のように飲み、身体をケアする習慣があるので、先進医療の治療を受ける前に医師によりハーブ薬での治療を受けることも可能ですが、日本ではそれができる医師がまだ少ないのが現状です。

まず妊娠を数年内に目指したい!とセルフケアをする場合は、何より生活習慣改善。そのための手段として、とても大切な手段は「食生活」。今日は妊娠しやすい身体を作るために摂るべき、「食べるフィトテラピー」をご紹介します。

妊活に効く「食べるフィトテラピー」

1)レッドマカ
「マカ」と聞くと、なんとなく「男性向け精力剤」というイメージがありませんか?いえいえ。女性にこそ摂っていただきたいマカ。

「ペルー人参」とも呼ばれ、インカ時代からアンデスの高地で栽培され、何千年に渡って人々の重要な栄養源・貴重な薬理効果を持つ植物として重宝されてきました。良質なたんぱく質や必須脂肪酸、ビタミン・ミネラルなど栄養価が豊富で、何より最高の滋養強壮効果を誇ります。

通常のマカよりアンチエイジング効果など、効能の高いレッドマカがオススメです。購入の際は、添加物・加工過程などをしっかりチェックして安全で高品質なものを選びましょう。サプリメントも良いですが、「食品」として販売しているものがオススメです。女性はもちろん、男性にもオススメ。

2)オタネニンジン(高麗人参)
中国東北部で薬用として栽培され、草丈は20~60cm程に成長します。非常に高価で珍重されるハーブの1つで、最も優れた効能を持つのは北朝鮮産。人間の性ホルモンに似たステロイド成分が検出され、性ホルモン・免疫力を強化する働きがあります。サポニンという成分が非常に優秀。

アダプトゲンハーブに属し、サプリとして成分が凝縮されたものを継続的に摂る場合は、一回の期間を3か月程度にすること。又は、排卵前後・生理前後に集中的に摂るのが妊活にはオススメ。

「6年物の紅参」と記載されているものがBEST。食品として参鶏湯などで摂る際は特に期間などを設けなくてもOK。女性だけでなく男性も積極的に摂りたい。
※購入の際は摂り方などをお店のスタッフなどに確認すること

3)亜麻仁オイル(フラックスシードオイル)
脂質は細胞膜の材料になったり、その働きを良くします。脂質に含まれるコレステロールはホルモンの材料になるため、妊活には重要な栄養です。脂質を摂取するには、オメガ3でもありスーパーフードでもある亜麻仁オイルがオススメ。ホルモンの材料になるだけでなく、妊活・妊娠には細胞活動が非常に大切なので、その細胞の活動をスムーズにするためにも亜麻仁オイルは効果を発揮します。

月見草油(イブニングプリムローズオイル)とブレンドして摂ると、効果もUPします。ただし、決して加熱しないこと。デパートやスーパーでも入手できます。

4)RAW FOOD
RAW FOODは食事療法です。野菜を中心とする食品をRAW(生で)で、加熱する際も48℃以下で食べるという食事法です。野菜を中心にナッツや種を多く食べます。とても沢山の野菜やナッツを摂取するので、最高のDETOX食と言えます。定期的に食事にRAWFOODを取り入れることで、「溜めない身体」を作ることができます。老廃物の少ない身体を作るということも、妊活には非常に大切です。

生ナッツ(特にクルミ、アーモンド、松の実)、フラックスシードやチアシードを食事やスムージーにプラスするなど、手軽なものから始めてみましょう。