2011 年 06 月 28 日 (火)|RSS Feed
鼻がむずむずするときに身体の中で何が起きているのか?(2)

by 漢方屋

鼻がむずむずするときに身体の中で何が起きているのか?(2)

 

サプレッサーT細胞がうまく抑制できない場合に、身体の中に抗体ができてしまいます。抗体というのは、いわゆる「免疫」(=疫を免れる)の主役ともいうべき存在で、一度はしかにかかると、もうかからなくなる、あるいは、インフルエンザの予防注射をうっておけば、そのシーズンはインフルエンザにかからない、という本来は人類救世主なのです。この抗体のおかげで、ほとんどの伝染病がなくなりました。その抗体が、人間の足をひっぱっているのです。

 さて、抗体がどのようにしてできるのか? ここで、新顔のB細胞というものが出てきます。このB細胞はヘルパーT細胞からの指令によって、抗体を生産するプラズマ細胞に変化します。「変身」するのです。そしてアレルギーを起こす抗体、IgE抗体を作り出すのです。IgEの血清中の濃度は、1cc中100万分の1g程度しかないといいます。非常に微量です。このIgE抗体は、体内にある肥満細胞と呼ばれる細胞と、血液中の好塩基球と呼ばれる白血球の表面に結合します。肥満細胞や好塩基球は、ヒスタミンやセロトニンといった化学物質を大量に詰め込んでいる。これでアレルギー発症の準備がすべて整ったわけです。ここで、花粉が体内にはいると、肥満細胞や好塩基球からヒスタミンなどの化学物質が飛び出す仕組みになっています。くしゃみや鼻水が止めどなく出る、目がかゆくなる、のどが腫れる、頭が痛くなるといった症状が出てくるのです。