2012 年 02 月 11 日 (土)|RSS Feed
インポテンツ(勃起不全・ED)は、治療可能な病気です

by 漢方屋

インポテンツ勃起不全・ED)は、治療可能な病気です

                                                                                                                                        -------交感神経と副交感神経
 

悩む前にインポテンツ(勃起不全・ED)をしっかり理解し、正しい知識のもとで正しい治療を行いましょう!

人間には、交感神経と副交感神経の2種類の神経があります。
交感神経は、一言で言うなら、「活動の神経」。敵やピンチに出会ったときに発動する。意識は張り巡らされ、消化の活動は抑えられます。

副交感神経は、「リラックスの神経」。心は落ち着き、消化活動は活発になり、睡眠に入りやすくなります。

平静時には、交感神経系のシグナルと副交感神経系のシグナルの両方が互いに作用し、ペニスは萎縮と勃起の中間の状態にあります。

ストレス、恐怖、緊張などを感じたとき、交感神経系のシグナルが副交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、ペニスは萎縮した状態になります。

簡単に言うならば「勃起」は副交感神経が司っています。 だから、昼間活発に働いている交感神経が持続されてしまうと、「勃起不全」の可能性が高まってしまいます。