2011 年 04 月 28 日 (木)|RSS Feed
「突然死」はどうして起こるの?心臓の病気が一番の原因

by 漢方屋

「突然死」はどうして起こるの?心臓の病気が一番の原因


 突然死ってなに?

「突然死」とは、もちろん「思いもかけず、突然人がお亡くなりになること」なのですが、大体、大雑把に言うと「事故などによらない場合で、症状が出現してから長くても24時間以内に死亡した場合」のことです。
1時間以内にお亡くなりになる場合を「瞬間死」とも言うようです。
正直、かなり怖い話しですよね。。。
そんな突然死ですが、原因はどこにあるのでしょう?

やはり、人間にとって、心臓が栄養や酸素を運ぶ血液を送り出す大事なポンプ。車でもエンジンが動かないと急に止まってしまうように、心臓が止まってしまうと、急にお亡くなりになることが多いのです。
大体7割くらいの突然死が心臓が原因だと考えられています。心臓の血管が詰まる心筋梗塞などですね.
それ以外では、肺の大きい血管が詰まったり、大動脈瘤破裂(胸やお腹にある大きな動脈の瘤が破裂してしまうこと)、脳卒中などがあげられます。
(心臓の血管がつまる心筋梗塞については心筋梗塞ってどんな病気?にどうぞ)

寝ている間(朝方)が一番多いのですが、入浴や休憩中にもおこります。