2011 年 06 月 24 日 (金)|RSS Feed
高温下では約16%の人が「心の夏バテ」に

by 漢方屋

高温下では約16%の人が「心の夏バテ」に

気温が35度より高くなると人体の情緒調節の中枢に影響を与え、約16%の人に「心の夏バテ」がおきることが医学的調査により明らかになっている。医学的には「夏季情緒障害」と呼ばれる。エアコンのきいた室内に逃げ込めば生理的な夏バテを逃れることはできるかもしれないが、「心の夏バテ」を逃れることはできない。栄養学の専門家は次のような食事療法を提案している。

 

緑豆:緑豆のスープは一般的に飲まれている暑さを解消する解毒剤だ。緑豆のスープを日常的に飲むことで、暑さを和らげ、胃腸を保護する。

 

キュウリ:ビタミンA、C、カルシウム、リン、鉄といった成分を含み、特にカリウムが豊富。

 

にがうり:暑さを和らげ解毒し、心を落ち着かせ、視力回復や血圧抑制の効果がある。

 

パパイア:たんぱく質やビタミンB、C、G、プロテアーゼ、リパーゼなどを含み、解熱や暑さの緩和、消化を助け胃腸を健康にする効果がある。

 

大豆:大豆は暑さを和らげると同時に、高温により消耗されたたんぱく質を補う。