2011 年 03 月 17 日 (木)|RSS Feed
風邪の予防法(三)

by 漢方屋

風邪の予防法(三)

 

うがい……高齢者以外の効果は疑問

実は英国、米国の感染予防のガイドラインには、日本流のうがいの記述はありません。うがいが風邪の予防に対して有効かどうかは不明なのです。

例えば帰宅後にうがいをしても、帰宅中に気道の粘膜内に侵入してしまったウイルスを洗い流すことはできません。ウイルスの侵入には時間はかからないとされています。電車に1時間乗っていた場合、乗った直後に粘膜に付着したウイルスを帰宅後のうがいで洗い流すことはできません。また、うがいで鼻から吸い込んだウイルスを洗い落とす事はできません。

うがい後に口の中の微生物が一時的に減少することは確かですが、裏を返せば、うがいで吐き出された水には口の中の微生物が含まれていることになります。他人がうがいに使いそうな、職場、学校、食堂やレストラン、商業施設の水回りでのうがいは、なるべく避けた方が賢明という意見もあるくらいです。

一方で、うがいを含めた口腔ケアが高齢者のインフルエンザの発症を予防したという報告があります。口腔ケアは歯周病の予防が本来の目的ですが、風邪の予防に役立つ可能性があるとしたら、試す価値はあるのかもしれません。