2016 年 11 月 24 日 (木)|RSS Feed
青ネギレシピ,疲労を回復するのに役立つ一品に

by 漢方屋

 

青ネギの人気レシピを大紹介!

 

薬味に、彩りに、香りづけに、旨みにと大活躍な青ネギの、おいしくって体にいいレシピをいっぱい紹介しちゃいます!青ネギのうれしい栄養素を知って、もっとおいしく、もっとためになるレシピで家族の食卓を豊かにするお手伝いをいたします。

青ネギの栄養と効果

青ネギとは西日本で多く栽培されている白い部分よりも青い葉の部分の多いネギのことで、その中にはご存知「万能ネギ」も含まれます。有名な青ネギと言えば九条ネギですね。普段ネギは白い部分だけ使って青いところは捨ててるわ、という方も多いのではないでしょうか?今回はポピュラーな白い部分ではなく青い部分にスポットライトを当てて、青ネギの栄養と効果についてご紹介します。

青ネギの栄養とカロリーについて

青ネギは成長に合わせて周りに土を盛っていく白ネギの育て方と違い、青い葉の部分を土の外へ向かって成長させる育て方をしています。そのため日光をたくさん浴びることができ、白ネギよりもビタミンやカルシウムを豊富に含んでいるのです。とくにβカロテンが豊富で、これは体内で必要時にビタミンAに変換して使われる栄養素です。

そのほか妊娠中の(あるいは妊娠することを予定している)女性に嬉しい葉酸も豊富に含んでいます。これは母乳の出をよくしてくれたり赤ちゃんの先天性の病気を予防してくれる効果のある成分だそうです。また、白ネギと共通で多い栄養素はカリウム、ぬるぬる成分フルクタンなどがあります。長ネギのカロリーはなんと100gあたり31kcalです。ダイエット中の方も安心して大量消費料理に使えそうですね。

青ネギの美白効果

βカロテンには抗酸化作用もあるのでお肌のアンチエイジングとしての効果も期待できます。また、ビタミンCはメラニン色素の発生を妨げてくれるので美白効果を期待できます。ビタミンCの含有量は白ネギに比べて3~4倍ほど高く、ビタミンB2についても2~3倍となっています。βカロテンに至っては白ネギが14μgしかないのに対し、青ネギは約2000μgとかなりの差があります。美白効果を狙うのなら断然青ネギがおすすめです!

ネギで疲労回復

 

ネギにはアリシンと呼ばれる辛み成分が含まれます。アリシンに関しては青ネギよりも白い部分により多く含まれますが、青ネギにも含まれています。このアリシン、実はものすごい力を秘めているんです。精神鎮静効果、ストレス軽減効果、リラックス効果など、心の疲労を取り除いてくれる作用があると言われています。さらに、体の疲労に効果的なビタミンB1の吸収を助けてくれます。ビタミンB1を豊富に含む豚肉などと一緒に食べるとベストですね。

生活習慣病の予防にも

そのほかアリシンは血糖値を減らして糖尿病を予防したり、コレステロール値を減らして、血液をさらさらにすることで動脈硬化を予防したり、免疫力を上げたり、脂肪を燃焼させて肥満を防止するなど、生活習慣病全般に対してもすばらしい効果効能をたくさん持っています。

ただしアリシンは加熱したり、切ったものを水にさらしたりすると栄養価が損なわれてしまうのでなるべく「生で」いただくお料理に活用できればこれらの効果を得ることができるでしょう。

青ネギを使った簡単おすすめレシピ!

青ネギのすばらしい効果や低カロリーの事実を知ったところで、次は青ネギのおいしい簡単レシピをご紹介します。定番からおしゃれもの、常備菜まで「今夜つくりたい!」と思ってしまうお手軽レシピです。

定番の青ネギ入り卵焼き

 

作り方

1、卵を溶きほぐし、だしや砂糖、塩、酒、みりんなどで味をつける。
2、細かく刻んだ青ネギとお好みでカニカマや桜エビなどを入れても綺麗。
3、卵焼き器やフライパンでうっすら焼き色がつくくらいに焼く。

卵焼きの具の王道といえばネギですよね!とくに万能ネギなどの使い勝手がよく、旨みと栄養がいっぱい詰まったものを使用するとよいでしょう。

青ネギとトマトのおしゃれパスタ

 

作り方

1、オリーブオイルでにんにくと唐辛子を炒め香りが出たら九条ネギを入れ、香りが立つまで炒める。
2、パスタのゆで汁とトマトを加え、とっておいた残りの九条ネギを加える。
3、最後にパスタと和える。

飾りに万能ねぎをちらしても綺麗ですね。ネギの緑とトマトの赤が鮮やかでおしゃれです。ビタミンたっぷりの栄養満点パスタです。鶏肉も合いそうですよ。

青ネギのナムル

 

作り方

1、青ネギを細長く切る。
2、ごま油、砂糖、塩、ブラックペッパーで味をつけてよく和える。
3、いりごまを振って出来上がり。

超簡単時短常備菜が青ネギ一つであっという間に完成です。青ネギがあるときはぜひ作ってみてくださいね!韓国では食堂の取り放題のおかずなんかでよく置いてあります。

青ネギを使ったヘルシーレシピ!

低カロリーな青ネギを使って、まさにヘルシーを極めたレシピたちをご紹介します。ダイエット中の方のビタミン・たんぱく・ミネラル補給に最適です!

ささみの青ネギ和え

 

作り方

1、鶏は茹で、粗くほぐしてささみにする。万能ネギなら刻み、ほかの青ネギなら細い斜め切りに。
2、ささみとネギを混ぜ、この時キャベツやカイワレなどの他の野菜も水気を切って一緒に混ぜる。
3、ごま油と鶏ガラスープの素で味付けをしてよく和える。味がなじんだら出来上がり。

具材を切って、和えるだけの簡単ヘルシーメニューです。ヘルシーですがささみのおかげで食べごたえ抜群です。ダイエッターの夜ごはんにいかがですか?たっぷりのネギが食欲をそそります。

納豆と青ネギのお蕎麦

作り方

1、蕎麦にたっぷりの刻んだネギと納豆を乗せ、上からめんつゆをかければ出来上がり。

一緒にミョウガやオクラも刻みたくなりますね!大根おろしもおいしそうです。夏場の疲れた体を一気に癒してくれそうです。手抜きしたいときのランチにおすすめです。ネギ一本と納豆一パックでOKです。

青ネギとワカメのスープ(サンラータン)

作り方

1、沸騰した湯におろし生姜とワカメを入れてワカメが戻ったら豆板醤、鶏ガラだし、塩コショウ、砂糖を入れ、青ネギを入れる。
2、最後に黒酢を入れる。
3、器に盛ったら生の刻んだ青ネギをちらして出来上がり。

簡単だけど体を底から元気にしてくれる健康メニューです!黒酢と生姜とネギとワカメだなんて、体に良いものしか入ってないですね。食欲を刺激し、お肉料理のこってり油もすっきりさせてくれるサンラータン、とっても簡単なのでぜひ試してみてください。

青ネギの大量消費レシピ!

畑でネギを栽培している方、白い部分ばかりつかって青ネギ残ってませんか?実家から送られてきた青ネギ、どう使ったらいいのか分からなくて困ってませんか?安売りの青ネギを買ってきたはいいけれど、使いきれなくて途方に暮れていませんか?大丈夫です!青ネギを一気に大量消費できるレシピたちをご紹介します。栄養満点の青い部分、腐らせないで使いきっちゃってください。

青ネギのチヂミ

 

作り方

1、青ネギとニンジンを細切りにする。
2、小麦粉、水、塩、卵を混ぜた生地に具を入れて混ぜる。
3、ゴマ油を敷いたプライパンで両面カリッと焼いて出来上がり。

韓国風に四角くカットして、酢醤油にコチュジャンを溶いたものにゴマを浮かべたチヂミのたれにつけて食べるとおいしいですよ。この基本のネギチヂミにキムチや魚介を入れるとまたおいしいキムチチヂミや海鮮チヂミに早変わりします。ネギをこれでもかというほど使うので大量消費にぴったりです!

豚肉の青ネギ焼き

作り方

1、塩を振った豚バラ肉で7cmほどにカットした青ネギを巻く。小麦粉をはたいておく。
2、フライパンに油を敷いてコロコロしながら全体に焼き目をつけ、酒を入れて火を通す。
3、バター、醤油、みりんを絡めて照りが出たら出来上がり。

豚肉のビタミンB1をネギのアリシンが効率よく吸収できるようにしてくれるので疲労回復にぴったりの青ネギ大量消費レシピです。ネギの旨みを豚肉でぎゅっと包んだごはんが何杯でもいけるスタミナレシピ、ぜひ今夜のおかずにしてみてください。

青ネギたっぷりサラダ

作り方

1、青ネギと水菜を食べやすい大きさに切って塩コショウを振って混ぜておく。
2、フライパンにごま油を熱し、ちりめんじゃこをカリッと炒め、キムチの素を入れてぐらっと煮立たせる。
3、サラダにかけて出来上がり。

生ネギと水菜のシャキシャキ感とネギ臭さがたまらなくクセになるサラダです。ちりめんじゃことキムチの素がネギの臭みや辛みを忘れさせてくれる抜群のドレッシングになります。

青ネギの保存方法について

青ネギに限らずネギは縦に長くて冷蔵庫でも保存に困ってしまいますよね。なるべく全部使い切りたいけど、一気に全部は使えない。そんなジレンマを解決すべく、青ネギの保存方法についてお教えします。

そのままの場合

まだ切ったり洗ったりしていないネギの場合は新聞でくるんで袋に入れ、なるべく立てた状態で野菜室に入れられるとベストなのですが、立てて入れられる野菜室の空間なんてなかなか確保できないですよね。そんなときは横でも大丈夫です。これで約1週間ほどもつようです。

切ったり刻んだりした場合

買って来てすぐ刻んだり切ったりして保存する場合は、タッパーの下にキッチンペーパーを畳んで敷くと出てくる水分を吸ってくれてびちゃびちゃになりにくくなるそうです。タッパーの一番上にキッチンペーパーを敷いて蓋をし、ひっくり返して冷蔵庫に入れておけば、湿るたびにペーパーを取り換えられるので便利だそうです。ナイスアイデアですね!さらに量が多い場合は中間にもペーパーを挟むと良いようです。これで冷蔵庫で約1~2週間もつようです。

冷凍保存について

冷凍保存は栄養価が損なわれるのであまりおすすめしませんが、あまりに大量のネギが手に入ってしまった場合は仕方なく冷凍保存することになるでしょう。その場合は刻んで水気をしっかり取り、ジップロックに空気も一緒に入れて保存しましょう。固まってしまいますが、取り出して叩いたり振ってほぐすとほぐれるようです。

青ネギの栄養価をそのまま食べるには生で、しかも切りたて刻みたてが一番なので、なるべく買ってすぐ、刻んですぐ使うようにしましょう。

ネギの青い部分、もう捨てられない

 

青ネギ(葉ネギ)、万能ねぎ、ネギの青い部分には栄養がたくさんあって、料理にも大活躍してくれます。心の疲労も体の疲労も回復させてくれる青ネギを、あなたはもう捨てられないはずです。その青い部分、あますとこなく刻んで今夜の一品に変えてください!