2016 年 11 月 25 日 (金)|RSS Feed
連休明けの対策と「仕事モード」への切り替え

by 漢方屋

 

連休明けの仕事が憂うつ…私だけ?

連休中はいつもよりゆっくりと睡眠を取ったり、どこかへ遠出をして楽しんだりと、楽しい日々を送りますが、連休も残りが少なくなると憂うつになる人が多いですよね。「連休明けの仕事が辛い」と感じるのは、多かれ少なかれ誰しもあるものですが、特に対策などは取らずに重い足取りのまま仕事場へ向かう人がほとんどではないでしょうか。

連休明けの仕事への憂うつは、気持ちの切り替えや少しの対処法で早めに頭を「仕事モード」へ切り替えることも可能です。対処法や切り替えを実践して、連休明けの仕事でもきびきびと動けるように工夫をしましょう。

連休明けの気分は?憂うつ度をチェックしてみましょう

連休明けは皆うつになる!?

仕事をしている人であれば、連休が残り少なくなれば、連休明けの仕事に対して「仕事行きたくない」、「仕事だるい」、果ては「連休明けだけど仕事休むかな」と考える人が多いのではないでしょうか。連休中は自分の好きなことや楽しい事を存分にやり、ストレスを全く感じない生活を送る事ができます。

しかし連休明けで仕事へ行けば、上司からの叱責や人間関係の悩みなどでストレスが溜まる毎日。その落差に絶望的な気分になるのは当たり前の事かもしれません。

連休明けに仕事場へ行けば、どんよりとした顔をしている人を多く見かけますが、大抵の人は数時間から数日の時間をかければ徐々に仕事モードに切り替わって、今までと同じように仕事をこなすこともできます。

しかし、憂うつな気持ちがずっと抜けない、眠れないなどの症状がある場合は、うつ病などの心の病気を疑う必要があります。

この気持ちはうつ?鬱症状をチェックしましょう

うつ病は知らず知らずの内に人の心に入り込み、憂うつな気持ちや眠れないといった症状を起こしてしまいます。連休明けの仕事が憂うつだ、という気持ちは誰しも感じる事でしょうが、他にも思い当たる事があるかもしれません。簡単なセルフチェックを用意しましたので、自己診断をしてみましょう。

・憂うつな気分が、連休明け以外にも起こる
・急に泣きたくなったり、イライラしたりと感情のコントロールができない
・質の良い睡眠が取れない。眠れなかったり夜中や早朝に目が覚める、または寝過ぎる
・頭痛や肩こりなど、体に痛みを感じる事がある
・趣味など、自分の好きな事への興味が薄れた
・朝起き上がるのが辛い、体が重く感じる
・ものごとを悪い方向でしか考えられない
・死にたい、消えてしまいたいと思う事がある

いかがですか。もしこれらの項目に当てはまるものがあるのであれば、心療内科を受診する事をお勧めします。うつ病は自然に治るという事はない病気だと言われますので、きちんと治療をすることで症状が治まる可能性が高くなります。

憂うつな気分を吹き飛ばす!対処法を紹介

連休中でも生活のリズムを変えない

連休中はいつもより遅く寝たり、朝も二度寝や昼寝をしてしまうという人もいるでしょう。睡眠のバランスが崩れると生活のリズムが崩れやすく、連休明けに仕事をしようとしてもなかなかエンジンがかからない状態になってしまいます。

連休中でもできるだけ、寝る時間と起きる時間をいつも通りにすることで、連休明けの仕事でも憂うつな気分を早く解消する事ができます。連休の前半で生活のリズムが崩れてしまった人は、残りの休日の間に生活のリズムを戻すように気をつけてみましょう。

次の連休の予定を立てる

どれだけ連休明けの仕事が憂うつでも、時間は容赦なく流れます。また、これで永遠に連休が来ないという事もありません。うつうつとした気分をいつまでも引きずらないために、「次の休みは何をしようかな」と予定を立てる事も、憂うつな気分には効果的です。

人は「アメと鞭」方式ですと頑張れる生き物です。少々つらい気持ちであっても、ご褒美があると思うと頑張ろうという気持ちになります。馬の鼻先にぶら下げられたニンジン、と言えば分かりやすいでしょうか。

次のご褒美の事を考えるとやる気になれますし、その事を考えるとわくわくした気持ちになるのではないでしょうか。欲しかった本やゲームを勝って「次の休みにしよう」と思ったり、旅行の計画を立てるのもいいですね。

連休明けの仕事は「出社する」を目標に

禁煙や禁酒をしている人たちは「今日一日だけタバコ(お酒)をやめる」を目標としているそうです。連休明けの仕事で細かい仕事内容や長期的な事を考えると、ますます憂うつになるだけです。

連休明けの仕事目標は「出社する」だけにしましょう。出社して自分の席に座れば今日の目標は完了。頭を使うような仕事は午後からに回して、午前中は単純作業などをこなして頭と体を「仕事モード」に戻すようにしましょう。

人の気持ちは、やり始めるまでのハードルが非常に高いものですが、いざやってしまえば意外と集中している事が多いと思いませんか?出社してしまえば、案外何という事もなかった、と拍子抜けするかもしれません。

笑顔を意識して気分アップ

「病は気から」とも言われますので、笑顔を作って気持ちを盛り上げるようにしましょう。「連休明けの仕事なんて、笑える事がなにもないじゃないか」と思われるかもしれませんが、無理やりでも笑顔を作ることで、脳を憂うつな気持ちから楽しい気持ちに切り替えるようにします。

ポイントは目と口元。「目が笑っていない」と言われない為にも、目元から笑顔に、口元は口角を上げる事を意識して笑うようにしましょう。最初は無理やり作った笑顔でも、次第に本物の笑顔になる事でしょう。

「仕事が終わったら…!」終業後の楽しみを作る

次の連休の予定を立てる事も効果的ですが、終業後にプチご褒美として小さな楽しみを作る事も効果的ですね。ちょっとだけリッチなご馳走を食べる、デザートにケーキを食べるなど、ささやかだけれども少しだけ嬉しい気持ちになるご褒美を用意しましょう。

「仕事が終わったらこれをしよう」といった楽しい事を考えていると、やる気になって時間は意外と早く進むものですよ。楽しみなことに早くありつきたいから仕事をさっさと終わらせようと、普段よりテキパキ動けるかも?

デキる人はやっている?仕事モードへの切り替え方

連休明けは早めに仕事場へ行く

連休明けに仕事場に行くのはとても憂うつですが、あえていつもより早めに出勤するようにしましょう。いつもより早い時間の電車に乗ることで通勤ラッシュの混雑を避け、憂うつな気分を緩和させてくれます。時間に余裕があるのであれば、喫茶店でコーヒーをゆっくり飲むか、途中で缶コーヒーを買って、誰も出社していない仕事場で飲むのも良いですね。

連休の間で机やパソコンにはホコリが落ちているかもしれませんので、普段より丁寧に掃除をして仕事に備えるようにします。こうして徐々に気分を高めていくことで、頭が連休の遊びモードから仕事モードへ切り替わっていきます。

連休明けの仕事は軽めのルーティンで体を慣らす

心が仕事モードへ切り替わったとしても、体はまだ休みたいとぐずぐずしているかもしれませんね。また憂うつな気持ちのまま仕事をしても、ケアレスミスを起こす可能性もあります。連休明けの仕事は、あまり頭を使わないような軽めのルーティンをこなして体を慣らすようにしましょう。

連休明けは休みの間の仕事が溜まっていて、目が回るような忙しさかもしれませんが、焦っても空回りをしてしまうだけです。出勤したら仕事の段取りをつけて、午前中は軽めの仕事、午後から集中力が必要な仕事をするようにしましょう。

また連休明けは体が仕事モードへ切り替わるまで、数日の時間が必要な人もいます。できればこの期間は重要な仕事を後回しにできるように調節してみることも必要かもしれませんね。

仕事の優先順位は?リストアップ作業がおすすめ

連休明けの仕事は体がなまっている状態なのに、仕事は山のように溜まっていて、てんてこ舞い…という事もあります。やみくもに目の前の仕事をこなそうとしても体はついていけないし、注意力散漫になってミスを引き起こす原因ともなります。

連休明けは仕事を始める前に、簡単にやることや優先順位のリストアップ作業をしてから仕事に取り組むようにしましょう。リストアップ作業は連休明けに関わらず、普段の仕事でも実行している人がいます。やることを文字に書き起こすと、自然と客観的に物事の判断をしやすくなりますので、ミスを減らす事にも一役かってくれます。

付せん紙にやることを書き殴って見えるところに貼り出し、作業が終了したら付せん紙を捨てると、達成感が出ますので更にお勧めですよ。

次の連休は何をする?仕事だって人生の一部です!

連休明けの仕事について、憂うつ度や対処法などを紹介しました。仕事は憂うつかもしれませんが、それだってあなたの限られた人生の一部です。できれば憂うつな気持ちは早めに追い出して、楽しく毎日を過ごしたいですよね。

また憂うつが2週間以上続くようであれば、心療内科を受診して見る事をお勧めします。「まさか自分が」と思っている人が、うつ病を患うと言われます。憂うつが病気からの由来であれば、薬での治療によって緩和されますので、専門家である医師に相談するようにしましょう。さあ、次の連休は何をしますか?