2011 年 03 月 16 日 (水)|RSS Feed
薬の効能は一長一短、よく確認を!

by 漢方屋

薬の効能は一長一短、よく確認を!

かぜをひいたら、最初から薬に頼りきってしまうのではなく、私たちが本来持っている自然治癒力をうまく引き出せるようにすることが大切です。こまめな水分補給や保温、睡眠を含む十分な休養などは効果的でしょう。その上で、あくまでも自然治癒力を一層助ける手立ての1つとして薬を選ぶようにしましょう。

かぜ薬には大別すると、西洋医学の理論に基づいて処方された「洋薬」と、薬として一定の作用(薬理作用)の認められる動植物を原料とした「生薬(しょうやく)」があります。また、生薬に洋薬を配合した種類の薬もあります。両者の良い部分をうまく引き出すことを狙いとした処方で、たくさんの優れた薬が市販されています。

洋薬はかぜの諸症状といわれる、発熱やのどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳などに対して、症状の1つひとつに効くように有効成分が処方されているのが特徴です。
各症状を「狙い撃ち」する効き方が期待できる半面、人によっては体質的に副作用を起こす場合もあります。