2011 年 04 月 30 日 (土)|RSS Feed
肺塞栓

by 漢方屋

肺塞栓

地震のあとクルマ生活の人たちが肺塞栓になり注目を集めました

下肢や骨盤内の静脈にあった血栓が外れて心臓まで流れ着き、肺動脈を閉塞して起こる病気。さまざまな原因で肺塞栓は起こりますが、原因不明のものも少なくありません。最近では地震の後で車の中で寝泊まりし、足がうっ血して血栓ができ肺に飛んで肺塞栓になったケースが多数ありました。飛行機のエコノミークラス症候群も同じ病気です。

症状では突然息苦しくなったり胸が痛くなります。その他にはせきや不安感、喀血などがあり、直ちに救急外来を受診して下さい。科でいえば循環器内科、内科、心臓血管外科でしょう。発症後1時間以内の死亡率が約10%と高いので、早期診断・早期治療が大切です。

 

肺炎・肺化膿症

肺炎は、細菌やウイルスなどにより肺が侵される病気。

肺炎は現在も油断できない病気です


咳や痰が出たりゼーゼーしたり(喘鳴)します。発熱して、食欲が低下し、 水分も取れなくなって脱水症状を起こすこともあります。重症では、呼吸困難をきたして人工呼吸器を必要とすることもあります。また、高齢者などでは食欲不振や元気がないなどの症状しかないこともあり注意が必要。

肺化膿症は肺炎と共通点が多いですが、感染のため肺組織が破壊され、肺の中に空洞のような穴があき、その穴のなかにうみがたまります。肺炎と同様に、発熱、咳、膿性の痰や胸痛が起こることもあります。重症になれば呼吸困難から危険な状態になることもあります。これらの症状や疑いがあれば呼吸器内科か内科を受診して下さい