100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody+' '; blogSend+=''; blogSend+=' [All About(オールアバウト)] '; var blogHref='http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do?entry_text='+encodeUR"/>

2011 年 01 月 27 日 (木)|RSS Feed
漢方によるアトピー性皮膚炎の対処法

by 漢方屋

漢方によるアトピー性皮膚炎の対処法

ダニやほこりなどの環境面は改善されてきているはずなのに、アトピー性皮膚炎(以下、アトピー)は増える一方。この原因は一体何なのでしょうか? 漢方ではストレスや内臓の働きに着目し、肌の症状にあわせてアトピー対策法を考えます。

 

「ストレス」や「内臓機能の低下」が原因でアトピーが増加!?

肌は内臓の鏡。アトピーも内臓や精神状態に大きく左右される

東京都福祉保険局の調査によると、都内の3歳児で何らかのアレルギー症状を持ち合わせている幼児は1999年の調査では41.9%だったのに対し、2004年度は51.5%に増加。その中でも20.5%の3歳児がアトピーに悩んでいるとのだそうです。

除菌文化の進んだ日本では、一昔前よりもダニやほこりなどが少なくなってきているはずなのに、なぜアトピーは増えているのでしょうか?

実はストレス社会と、免疫力低下、そして胃腸の働きの低下が大きく関わっているのです。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、免疫システムを正常に保つことができなくなり、今まで反応しなかった花粉やダニ、ほこりなどに反応するようになります。自律神経のバランスの乱れによってカラダは余計な熱をもち、熱が炎症の素となって、色々なものに反応し始めるのです。

また、もともと胃腸の働きが弱いと、食べものが上手く消化されないまま血管へと入り込み、それが異物としてカラダに捉えられてしまうことも。胃腸が弱いために食べたものを栄養に変えることができず、うまく血を作ることができない人もいます。そういった人は、皮膚を潤す血が足りない状態(血虚)となり、カサカサしたり乾燥した状態のアトピーになりやすいでしょう。

アトピーは皮膚の問題だと思われがちですが、実はストレスや内臓の働きの影響をかなり受ける病気なのです。