2011 年 02 月 07 日 (月)|RSS Feed
正常の生理の周期と月経前期の原因

by 漢方屋

正常の生理の周期と月経前期の原因

月事、月水、月信…。どれも月経の事を指します。生理の周期はまさに潮の満ち干のよう

生理が早く来るのだけど、これって病気なのかしら……? 病院にいって聞くほどではないけれど、ちょっと気になる生理の悩みって意外と多いもの。漢方ではそんなトラブルにも対応できます。まずは正常の生理周期を知りましょう。

■通常の生理周期
21日~35日


つまり28日周期を基本に、前後1週間の間に生理がくれば問題がないと漢方では考えます。21日より1~2週間早く来ると「月経前期」といいますが、この原因は大きく分けて次の2つに分けられます。

■月経前期の原因
1.体質が虚弱だったり、過労や闘病中など⇒気の不足タイプ
2.ストレスや飲食の不摂生、外からの刺激など⇒血熱タイプ

1は出血をコントロールする力がないタイプで、2は体内に余分な熱を持ち、生理が早まってしまうタイプです。この中でも、経血の量や体質、ともなう症状などでさらに5つに分類できるんですよ。