2016 年 11 月 27 日 (日)|RSS Feed
梅昆布茶は料理に加えて健康&ヘルシーレシピ

by 漢方屋

 

まさか、飲んでいるだけじゃないですよね?

カフェインレスな飲み物として定番になっている、梅昆布茶。常備している人も多いと思います。でも、そのまま飲む以外に、使ったことはありますか?

昆布のうまみ、梅干しの酸味と香り、合いそうなメニューは、数えきれないくらいにありそうです。もしも、まだ飲んでいるだけだったら、今からさっそく新しい梅昆布茶のレシピを試してみませんか。新しいおいしさに出会えますよ。

昆布茶の天然成分のシナジー

梅昆布茶はその名のとおり、昆布茶に梅を加えたものですね。昆布と梅の栄養・効能をいっぺんにとることができます。その栄養や効果は、どういったものなのでしょうか。

元気もリラックスもかなえます

まず、昆布に含まれるカルシウムやカリウムにはイライラを抑え、神経を落ち着かせる働きがあるといわれています。また、カリウムには塩分の排出をうながし、むくみ予防の効果があるとされます。

梅の持つクエン酸は、余分な老廃物の排出をうながすため、疲労回復の効果があるといわれています。また、血液を弱アルカリ性に保つ働きがあることから、血液がサラサラになり、動脈硬化の予防が期待できます。この二つの成分を、梅昆布茶で一度にとることができるのです。

ダイエットに!キレイにも貢献します

昆布には、多くの食物繊維も含まれます。アルギン酸といわれるもので、水溶性・不溶性両方の働きをする食物繊維です。食物繊維が多いため満腹感を得やすく、また、便秘の解消に役立つとされています。

また、海藻特有のヌルヌル成分フコイダンは、コレステロールを包み込んで排出する働きがあるとされ、アルギン酸とともに血液をサラサラにし、血行を良くしてくれるといわれます。

昆布の持つヨードという成分は、甲状腺ホルモンの原料となる物質で、この甲状腺ホルモンが神経を刺激することで、代謝が上がり脂肪燃焼を促すといわれています。また、皮膚や髪の毛の細胞の成長にも影響するため、美肌、美髪効果も期待できそうです。

どう使う?梅昆布茶の活用法と注意点

その味だけでなく、体にもうれしい梅昆布茶を上手に使いこなすには、どうするのが良いでしょうか。注意したい点をおさえながら、毎日無理なく利用していきましょう。

まずはシンプルに、お茶で飲む

まずはシンプルにそのまま飲む、ためのおいしい入れ方を紹介しますね。「お湯を入れるだけ」なんですが、少しだけコツがあるんです。

・保温ポットの湯(90℃)を1杯分をまず湯のみに入れます。
・湯のみから湯を急須に移します。

こうすることで湯のみが温まり、湯の温度がさらに下がります。湯のみに梅昆布茶を適量入れ、急須の湯を注ぎます。こうして入れると、湯の温度は70℃くらいまで下がり、熱湯で入れた時よりもうまみが広がります。試してみてください。

組み合わせ次第で料理の美味しさは無限大

昆布のうまみを足し、梅の香りとさわやかさを足すことで、味がアップする料理はたくさんありそうです。さらに、梅昆布茶レシピのヒントにしたいのが、うまみの組み合わせです。

昆布のうまみ成分はグルタミン酸です。グルタミン酸と相性抜群なのがイノシン酸です。主に、かつお節や豚肉に含まれています。また、干しシイタケがもつグアニル酸との相性もよいので、料理に使うときにはうまく取り入れていきたいですね。

ここに気をつけて!摂りすぎの塩分過多

さまざまな良い効果を持つ梅昆布茶ですが、注意しておきたいこともあります。一つには塩分です。梅昆布茶1杯で、約760mgのナトリウムを含むとされています。成人女性の一日あたりの塩分摂取量は、7gが目安ですので、梅昆布茶は一日あたり1~2杯くらいにしておくのがよさそうです。

特に、妊娠中の女性は、塩分を取り過ぎると高血圧症や、妊娠中毒症のおそれがあるといわれています。ヨードについても注意が必要です。

ヨードは甲状腺ホルモンの生成に必要なものですが、取り過ぎてしまうと、お腹の赤ちゃんに甲状腺障害が出るおそれがあるとされます。一度にたくさんとらずに、毎日少しずつが良いようです。

ごはんの味方!梅昆布茶を使ったレシピ3選

昆布と梅の組み合わせが、ごはんに合わないわけがないですよね。ごはんの定番ものを、簡単においしくする梅昆布茶レシピを紹介します。

チャーハンをさっぱりと

コツいらずでパラリとさっぱり、チャーハンができます。

■材料
ごはん:200g
たまご:1個
梅昆布茶:5~6g
しばづけ:20g
しょうゆ:5ml
青ネギ:8g
サラダ油:10g

■作り方
1)温かいごはんにたまご、梅昆布茶を入れて、よく混ぜてたまごかけごはんにします。
2)フライパンに油をしき、たまごかけごはんをチャーハンにします。
3)みじん切りにしたしばづけ、しょうゆ、青ネギをいれて軽く炒めてでき上がりです。
(油をあまり控えてしまうと、ごはんがぱらっとしないので注意してください。)

まろやかな酸味で、炊き込みごはん

梅昆布茶の酸味を、ツナコーン缶がまろやかにまとめてくれます。

■材料
米:2合
しめじ:1/2袋
ツナコーン缶:1缶
青ネギ:適量
梅昆布茶:大さじ1
しょうゆ:小さじ1

■作り方
1)米、軽く油をきったツナコーン缶を入れ、しょうゆ、梅昆布茶を入れて混ぜます。
2)やや少なめに水加減をして小房にわけたしめじをのせて炊きます。
3)炊きあがったら青ネギをちらしてでき上がりです。

お好みで食べるときに、梅昆布茶を少しふると、うまみと香りが際立ちます。美味しいですよ。

おにぎりとお茶漬けに王道づかい

お好みの薬味をプラスして、楽しんでください。ただ、かつおぶしのうまみは、昆布と相性抜群なので、ぜひ入れてくださいね。

■材料
ごはん:2合
梅昆布茶:適量
かつおぶし:1パック
ゴマ:適量

かりかり梅、大葉、じゃこ お好みで
海苔

■作り方
海苔以外はすべて混ぜてしまいます。おにぎりを作り、食べる直前に海苔をまきます。

もう一つ、コクと香りをプラスしたお茶漬けです。

■材料
ごはん:茶碗に軽く2杯分
梅昆布茶:適量
ねぎ:3センチ分
昆布佃煮:適量
ごま油:2~3滴

■作り方
ごはんの上にすべてのせ、あつあつのお茶を注いででき上がりです。ゴマ油とねぎの香りが、梅昆布茶に不思議と合うんです。

まだまだある!その他の梅昆布茶レシピ4選

梅昆布茶レシピは、ごはんのおともだけではありません。サブのおかずもスープも、ドレッシングだってできます。

手早くもう一品、浅漬け

きゅうりやなすだけでなく、キャベツ、大根、カブなどにも合いますよ。

■材料
きゅうり:1本
なす:1本
塩:少々
梅昆布茶:適量

■作り方
1)なすはしまもように皮をむき、たて半分に切ってから5ミリの厚さに切って、水にひたしアクを抜きます。
2)きゅうりもしまもように皮をむき、3~4ミリ厚さに切ります。
3)それぞれをビニール袋に入れて、塩をふり軽くもんでおきます。
4)水をきってから器にあけ、梅昆布茶をいれて和えます。

体がよろこぶ、やさしいスープ

簡単なのに深い味。体も喜びます。

■材料
水菜:適量
しめじ:1/4パック
玉ねぎ:1/4こ
乾燥わかめ:大さじ1/2
水:600ミリリットル

・ガラスープの素:小さじ2
・梅昆布茶:10g

塩、こしょう:少々

■作り方
1)玉ねぎ、水菜は食べやすく切ります。しめじは小房に分けておきます。
2)水に・印の調味料を入れて煮立てます。玉ねぎ、しめじを入れて煮えたら、水菜とわかめを入れます。
3)塩、こしょうで味をととのえたらでき上がりです。

山盛り野菜と梅昆布茶ドレッシング

大根や水菜などの葉物など、いろいろな野菜に合います。オイルをえごま油などに変えると、さらにヘルシーになりますね。

■材料
梅昆布茶:小さじ1
みりん:大さじ1
水:大さじ3
油:大さじ2
(オリーブオイルまたはゴマ油)

■作り方
はじめに梅昆布茶と水を混ぜます。みりん、油の順に入れてよく混ぜてでき上がりです。いつでもできたてのドレッシングが食べられますね。    

うまみ最強コンビの和パスタ

梅昆布茶のグルタミン酸、豚肉のイノシン酸の出会いで、うまみ最強のパスタができます。とっても簡単です。

■材料
パスタ:300g
バター:適量
玉ねぎ:1こ
豚肉:150g
しめじ:1パック
梅昆布茶:大さじ1
塩、こしょう:適量
しょうゆ:適量

■作り方
1)パスタをゆでます。
2)フライパンにバターを入れ、ゆで上がったパスタを炒めます。塩、こしょう、梅昆布茶で味付けをします。
3)別のフライパンで豚肉、玉ねぎ、しめじの順に入れて炒めます。火が入ったら塩、こしょう、梅昆布茶で味をととのえます。(お好みで仕上げにしょうゆを入れると香ばしく仕上がります。)
4)パスタの上に具を盛り付けてできあがりです。

かくし味にも、味の決め手にも

梅昆布茶は、そのまま飲むのはもちろんでしたが、炊き込みごはんやスープのかくし味にもなるんですね。また、ドレッシングやパスタでは決め手にもできます。うまみプラス、健康効果プラスの梅昆布茶の実力、今食べたいものから試してみてくださいね。