2016 年 11 月 23 日 (水)|RSS Feed
果物や野菜が発酵した"酵素シロップ"を作ろう

by 漢方屋

p>  

果物や野菜が発酵した"酵素シロップ"を作ろう

みなさん、酵素シロップをご存知ですか。最近雑誌やウェブで注目のアイテムです。果物や野菜を砂糖と混ぜて発酵させて作ります。素材の栄養素がそのまま失われることなく発酵して凝縮されるため、生食よりも栄養価が高いのが特徴です。

美味しくて体によい注目の酵素シロップですが、実際どのように作るのかわからないという方も多いと思います。この記事では酵素シロップの基本的な作り方や、おすすめ素材のレシピを大公開します。興味のある方はぜひチャレンジを!

酵素シロップの基本的な作り方

まずはじめに、酵素シロップの基本的な作り方をご説明します。この基本形を覚えておけばいつでも手軽にシロップが作れますよ。ぜひ一度チャレンジしてみましょう。

酵素シロップに必要なもの

 まず酵素シロップを作るにあたり必要なものは、シロップの元となる発酵させる果物や野菜、砂糖、そして瓶です。ちなみに砂糖と果実の黄金比は1.1:1と覚えておくこと。つまり果実の重量の1.1倍の砂糖が必要だということです。

砂糖は上白糖かグラニュー糖が発酵しやすいのでおすすめです。黒糖やきび糖は発酵しない場合がありますのでご注意を。

酵素シロップの作り方

<酵素シロップの作り方>

1.ビンは煮沸消毒しておく。そこに刻んだ果実と砂糖を入れ、手で果実と砂糖をよく混ぜ合わせ、軽くフタをして常温の場所に置いておく。一日経つと砂糖が溶けて、果実からシロップが出てくる。

2.この後毎日同じ時間に素手で混ぜる。季節や室温にも関係するが数日で小さな泡が立ってくる。一週間ほどして泡がシュワシュワと立ちのぼってきたら完成。出来た酵素シロップをざるでこして、容器に入れて保存する。

瓶に砂糖と果実を入れる際のコツは、まず最初に砂糖を入れて、次に材料の果物、砂糖、果物と交互にいれていきます。全部の材料にまんべんなく砂糖がかかるように交互に入れていきましょう。 最後は砂糖でしめてください。

また、素手でかきまぜるのには理由があります。素手に付着している常在菌によってフルーツが発酵するからです。自分の掌の常在菌を使って発酵させるなんて、なんだか不思議ですよね。

保存方法

出来上がった酵素シロップは直射日光に当たらない涼しい場所に置いておくのが基本です。もし可能であれば、冷蔵庫で保存してください。その際の注意点は、まだ発酵する可能性もあるので瓶を密閉しないこと。密閉したまま発酵すると、ガスで蓋がぽーんと飛んでしまう場合も!

失敗しない方法のコツはある?

<発酵シロップを作る上で失敗しないコツ>

1.上白糖やグラニュー糖を使うこと。純度の低い黒糖やきび砂糖は発酵しない可能性が高い。またブドウ糖だとアルコールが発生してしまう場合がある。

2.材料をよく洗うこと。残留農薬が気になる人は重曹水で洗うこともオススメ。大きめのボウルに小さじ1杯程度の重曹を入れて果物を1分程度入れておけば消毒になる。

3.発酵する時にはガスが発生するので瓶を密閉しないこと。ガーゼをかぶせて輪ゴムで留めておくなどの工夫をしよう。

4.発酵中の室温は20度〜25度がベター。気温の低い冬は発酵まで2週間程度かかる可能性もあるので瓶にカバーをかぶせたり、少々暖かい部屋においたりして工夫を。冬は気長にいこう。

5.漉す時はざるの下にボウルを置き、ゆっくり時間をかけて漉す。果物を絞ったりすると雑味が出て美味しくない場合が。一晩かけてぽたぽたと抽出する気持ちで。

6.酵素シロップに向いている素材、向いていない素材があるので把握して、向いている素材を選ぼう。向いている素材の一例は、レモン、スイカ、イチゴ、りんご、なし、梅、パイン、しそ、にんじん、しょうが、キウイ、柿など。逆に向いていない素材は、キャベツ、にら、にんにく、ナスなど。

酵素シロップの効果的な飲み方

酵素シロップを飲む場合、1日に飲む量はだいたい60ml程度の量が適量とされています。水や炭酸水、牛乳、豆乳などお好みの飲み物にいれて飲みます。またヨーグルトにかけて食べたりバニラアイスクリームにかけて食べたりするのがおすすめです!

酵素シロップってどんな効能があるの?

ではここで酵素シロップを飲んだ場合の効果や効能をご説明します。美味しいだけじゃない酵素シロップ、一体どんなことに効果があるのでしょうか。

美肌効果が抜群!

 

酵素を摂取すると、身体の新陳代謝が活発になるといわれています。このターンオーバー化によって肌の新陳代謝が進み、結果的に美肌効果が。お肌の健康に敏感な女性はぜひ積極的に摂取していきたいですね。

整腸によるダイエット効果あり!

酵素を摂取することで、ダイエット効果が期待出来ると言われています。酵素を摂取するとそれに比例して体内の消化酵素も増えていきます。その結果、胃腸での消化と栄養吸収がスムーズにできるようになり、消化不良からくる胃もたれや便秘も起こりにくくなります。

お通じがよくなり体の老廃物の排泄がうまくいくようになれば、代謝が上がり、ダイエット効果につながるというわけです。

免疫力がアップする!

酵素シロップを飲み始めて風邪をひかなくなったという方もいるほど、免疫力アップ効果が期待できます。酵素はそもそも、生命を維持していくために必要不可欠な成分です。しかし加齢や疲れとともに減少していってしまうのです。

酵素が不足すると免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、病気になりやすくなったりします。そうならないように、酵素シロップなどの自然の酵素を身体に取り込み、身体の状態を保つことがとても大事です。

おすすめの酵素シロップレシピ

ではここでおすすめの酵素シロップレシピをご紹介します。様々な果物や野菜の組み合わせで、そのバリエーションは無限大!お好みでいろんな味を楽しんじゃいましょう。

レモンとみかん

 

<材料 作りやすい分量>

レモンとみかん 合わせて910g
砂糖 1㎏

<レシピ>

1.レモンとみかんは皮まで使うのでできるだけ無農薬の物を使用。手に入らなければボウルにたっぷりの水と重曹小さじ1を溶かし1分間漬けて農薬をとりのぞく。さらによく洗い、皮ごと輪切りにする。なるべく薄く切ると発酵しやすくなる。

2.びんにレモンとみかんと砂糖を交互に入れ、最後の一番上に砂糖がくるように重ねる。その上からガーゼでフタをする。発酵するので、びんのふたをしっかり締めないように。

3.仕込んだ翌日から1日に1回か2回、フルーツを空気に触れさせるように素手で大きく10回以上混ぜる。その時手を石鹸で洗うと発酵に必要な手の常在菌までなくしてしまうので水のみで洗うこと。全体が炭酸のようにシュワシュワしてきたら、ざるで濾して完成。夏は1週間位、冬は2週間程かかる。

とにかくさわやか!レモンとみかんの酸っぱさがたまらない酵素シロップの完成です。初心者にも簡単に作れる定番レシピですので、まず一番初めはレモンとみかんで作ってみるのがおすすめです。発酵のコツは果実をなるべく薄く切ることです。

<レシピ>

1.青梅ははじめに流水で洗い、ボウルに入れたたっぷりの水に1時間以上ひたしておく。青梅のヘタを竹串で丁寧にとり、水気をよくふきとる。傷がついているものは取り除く。砂糖をまぶして、手でしっかりもみ合わせる

2.煮沸消毒した保存瓶に入れ、1日1回、素手でしっかり10回以上ぐるぐると混ぜ合わせる。ガーゼなどで蓋をする。発酵するので密閉はしないこと。直射日光の当たらないところに保存する。

3.砂糖がすべて溶け、泡がシュワシュワとでてきたら完成。ザルで実を漉して冷蔵庫に保存。

梅も酵素シロップの王道です。青梅の時期に季節ものとして仕込む方が非常に多い人気レシピ。酸っぱさと甘さが同居した、とても体に効くお味です!注意点は、傷のある梅はカビの原因になるので取り除くことです。

りんごと生姜

 

<材料 作りやすい分量>

りんご 約3個
レモン(国産・無農薬)2個
新生姜 200g

合計で1㎏になるようにする。

上白糖  1.1kg

<レシピ>

1.りんごと生姜とレモンはキレイに洗う。農薬が気になる場合、小さじ1の重曹を入れたボウルいっぱいの水に10分ぐらい漬けて消毒する。 皮も一緒に、だいたい一口大に切る。厚さはできれば同じぐらいに揃える。 砂糖・果物・砂糖の順でびんに入れていき、一番上が砂糖になるようにする。ガーゼをかぶせ、ふたで密閉はしないこと。

2.半日から1日で果物から水分が出る。1日1回、果物と砂糖を上下混ぜながら素手で約20回以上全体を大きく混ぜる。手は水で洗うこと。夏場でだいたい1週間、冬場で2週間ぐらいで砂糖が溶けて泡がシュワシュワ出てきたら完成。ざるでゆっくり時間をかけて濾して、冷蔵庫に保存する。

レシピは上記のレモンとみかんの酵素シロップや梅の酵素シロップとまったく同じです!分量の比率をしっかり守れば問題ありません。生姜の辛味が体を温め、冷え性改善と免疫力アップに効果を発揮します。りんごも食物繊維が豊富ですので、酵素シロップにすることによってさらに便秘解消効果が期待できますね。

トマトとレモン

<レシピ>

1.トマトは半分に切り、レモンは皮を剥く。煮沸消毒した瓶に、砂糖、ミニトマト、レモンを交互に入れ、砂糖が一番上にくるようにする。1日1回、素手で大きくしっかりかき混ぜる。これを繰り返し、全体が白い泡がシュワシュワと出てきたら、完成。ざるで濾して冷蔵庫で保管する。

トマトは野菜ですが、甘味があるので酵素シロップにすると果物のような糖度に。さわやかで甘く、レモンの酸味がその後味をさっぱりとさせてくれます。ざるで濾して残った果実はジャムにして再利用しても美味しいですよ。

酵素シロップを飲んで美しくなりましょう

 

いかがでしたか?

酵素シロップはおうちで簡単にできる美味しい健康ドリンクです。毎日手間をかければ、シロップに愛情も生まれてくるかも?その手間をかけた時間もゆっくり楽しんで作ってみてください。そして酵素の力で、美しく健康になっちゃいましょう!