2011 年 03 月 11 日 (金)|RSS Feed
日本人のための食事

by 漢方屋

日本人のための食事バランスガイド

平成17年に、誰にでも摂取目安量が分かるようになりました。推奨される食事基準は年齢や活動量などによってことなります。基本形とされている2000~2400カロリーでは、主食が5~7サービング、副菜が5~6サービング、主菜が3~5サービング、牛乳・乳製品は2サービング、果物は2サービングを目標としています。

この食事バランスガイドは下記に示す5つの部分と運動・水分摂取から成り立っています。

■ 主食:ごはん・パン・麺類など
1サービングの例は、ごはん小1杯、おにぎり1個です。2サービングの例は、うどん、そば、スパゲティー各一人前です。

■ 副菜:野菜、きのこ、いも、海草料理
1サービングの例は、野菜サラダ、具たくさん味噌汁、ほうれん草のおひたし、ひじきの煮物など各一人前です。

■ 肉、魚、卵、大豆料理:
1サービングの例は、冷奴、納豆、目玉焼きです。2サービングの例としては焼き魚、魚、3サービングの例としてはハンバーグステーキ、豚肉のしょうが焼き各一人前です。

■ 牛乳・乳製品:
1サービングの例は、牛乳コップ半分、スライスチーズ1枚、ヨーグルト1パックです。

■ 果物:1サービングの例は、みかん1個、りんご半分、ぶどう半分です。

それぞれの性別、年齢、活動量によって、必要なサービングは異なってきます.諸外国と比較して、食材を単位とせずに、料理を単位としているところに特徴があります。