2011 年 08 月 23 日 (火)|RSS Feed
後背位(バック)のやり方と特徴

by 漢方屋

後背位(バック)のやり方と特徴

後背位はあまりアレンジできませんよね。女性は、この体位は見つめあえないので好きじゃない人もいるかもしれませんが、男性のほとんどが好きだと思いますね。男性の中ではバックスタイルじゃないとイカない!っていう人もいるかもしれません。

後背位の基本的なスタイル


後背位の基本的なスタイルは、女性が四つんばいになりそこに挿入するスタイルです。手をお尻に置いて安定感を保ち、上下運動やグラインドさせます。後背位は男性が気持ちいい・動き易いという利点がある分、気持ちよさのあまり荒々しく突いてしまいがちです。がつがつやってしまうと、女性のほうが痛くなってしまい、気持ちよくありません。

不思議な感覚の後背位

この体位は、女性は壁に手をつき、お尻を突き出しています。男性はそこへ挿入し、ピストン運動をします。この体位の利点は、奥まで入ること、ベッド上での後背位との膣内の当たり方が違うので男性も女性も不思議な感覚になります。欠点は、女性は踏ん張るのでやはり疲れます。長時間は無理です。アレンジの一個として時々入れることをオススメします。

密着度の高い後背位


この後背位は、密着度の高いものになっています。男性も女性も立って、女性は壁か安定するものに手を置きます。この体位の利点は、乳首・首筋や乳房を刺激しつつ挿入出来る事です。しかし欠点は、立って挿入しているためなかなか奥まで入りません。また、長時間やっていると立っている分疲れてしまいますので気をつけましょう。男性にとってはあまり気持ちよくない体位ではありますが、女性には好評です。