2016 年 12 月 02 日 (金)|RSS Feed
年上彼氏との結婚メリット、デメリットとは?

by 漢方屋

 

年上彼氏との結婚、そのメリットデメリット

「彼は私より10歳も上だけど、やっぱりすごく頼りになるの。私の知らないこともいっぱい知ってるし、同年代の男の子よりずっとお金も稼ぐし、彼と結婚できたら幸せ!」

ちょっと待ってください。今は幸せいっぱいで見ないようにしている「デメリット」はありませんか?今回はじっくりと「年上男性」との結婚のメリットもデメリットもチェックしていきましょう。こんなはずじゃなかったとならないために、しっかりと知っておくことが大切です。

今回、年上男性の基準を「10歳上」として話を進めます。5歳上の彼氏も、15歳上の彼氏も、幅を縮めたり広げたりしながら一緒に考えてみてくださいね。

年上彼氏と結婚するメリット

まずは年上に彼氏と結婚するメリットを見ていきましょう。あなたよりもずっと人生を経験している彼ですから、10年分のメリットをたくさん持っているはずです。

経験豊富で包容力がある

なんといっても経験豊富です。同年代の彼氏では「それはわからない」「知らない」となるものであっても、良く知っているので、わからないことは何でも聞いて解決することが出来ます。まるでお父さんのように頼りになりますよね。

しかも自分の方がずっと年下だから、いつまでたっても可愛がってもらえるというメリットもあります。年齢が離れている夫婦はいつまでもラブラブだったりするようですよ。歳の差が縮まることはありませんからね。

安定した経済力

10歳差があれば、あなたの同年代の彼氏と比べて10歳分年収が上ということになりますね。しかも年下女性を口説くスキルのある男性ですから、彼氏の同年代と比べても高収入だったりするでしょう。

あなたの同年代の彼氏とは毎回割り勘、デートは家ばかり、プレゼントは数千円のもの…だったりしたものが、年上彼氏になるとデート代はすべて彼持ち、デートは毎回デートスポット、プレゼントは数万円ということも少なくありません。

なんだかんだ、女性は妊娠・育児中に働きにくくなったりもしますから、その間の経済面をきちんと見てくれそうな男性に心惹かれてしまうのは、当たり前のことでしょう。

引っ張ってもらって自分も成長できる

年上彼氏が経験豊富な分、どんどん引っ張ってくれて自分が成長できるという面もありますね。経験したことのないことをどんどん経験させてくれて、まるでプリティーウーマンのように自分を変えてくれる男性に、心惹かれてしまうのは当然のことですよね。

年上彼氏と結婚するデメリット

年上彼氏の頼れる面にばかり目が行っていませんか?年上であるということは、実はデメリットも含んでいるのです。

時代による価値観が違う

「なんで男が台所に立たなきゃいけないの?」母親が専業主婦だった時代の子供は、男が台所に立つなんてあり得ないと思っている方もチラホラいます。当然家事も全くできないという方も。価値観の違いがあなたを苦しめることになるかもしれません。

将来の経済力が不安

10歳上ということは、働けなくなるのもあなたの同年代の彼氏と比べて10年早くなるということです。子供を今から作って、大学を出るまで、年上彼氏はバリバリと働ける年齢でしょうか?

妊娠は男性にも期限があるとされる

芸能人などでは50歳や60歳でも妊娠させている男性も多いですが、あれはかなりまれなケースです。女性の年齢が上がるとダウン症の確率が上がることは有名ですが、男性も年齢が上がれば奇形の精子が増え、妊娠率が下がります。

なかなか子供ができないと焦ることもあるでしょうし、年上の彼氏も性的に弱くなってきたりして、排卵日にタイミングが合わなくなってきたりもするでしょう。

また、米国のマウントサイナイ医科大学の研究では、40歳以上の男性は、30代以下の男性と比べ自閉症の子が生まれる確率が6倍高くなると言われています。2人目が欲しかったけど、すでにその時には夫の年齢が40歳を超えていたから諦めた、できなかったという可能性も出てきます。

もちろん男性不妊や自閉症は、男性の年齢に限った話ではありませんが。

両親の介護がすぐに来ることも

10歳離れている彼だと親の年齢も10歳くらい上ということになりますね。あなたが30歳、彼が40歳だったら、彼の親は70歳くらいになるかもしれません。65歳以上の人の5人に1人が要介護、または要支援となっているのです。

もちろん80歳になっても元気な方はたくさんいますが、「介護がすぐに来る確率が上がる」ことは間違いないでしょう。子供がまだ小さいのに、介護も一緒にのしかかってくるということになるかもしれません。

両親の介護の責任を負わないため、子供がほしくないカップルでは「結婚しない」という選択をする場合もあるようですよ。事実婚ということですね。

周囲の反対を押し切れるかどうか

10歳上となると、あなたの友達や両親は反対することが多いでしょう。「もっと同年代を、選んだら?」といわれることも少なくないでしょう。それでもあなたが押しきれるかどうかです。「なんであの時止めてくれなかったの!」と言わないように、きちんと自分の中で整理しておくことが大切です。

年上の彼氏と結婚する前にしたいこと

「デメリットは理解したわ。それでも私は彼がいいの!」とあなたが心を決めた場合、あとで困らないように確認しておきたいポイントをまとめてみました。一緒にチェックしてみましょう。

食べ物の味付けを確認する

年齢が上がれば上がるほど、濃い味付けや脂っこいもの、洋風のものは受け付けなくなってくる人が多いです。もともとの食の好みがあっていればいいのですが、あなたの作る得意料理と彼が食べたいと思っている料理が合うかどうかも確認しておきましょう。

譲れない価値観を確認する

そもそも彼氏が結婚したいと思っているのかどうか、確認することも大切です。あなたが結婚したいと思っていても、彼氏は「この年まで独身できちゃったから、いまさら結婚はいいや、そばにいてくれる人さえいれば」と思っているかもしれません。

あなたが結婚したいと思っているのなら、譲れない価値観はしっかり確認しておきましょう。家事は折半にするとか、女性が働くことに文句を言わないとか、大切なことはたくさんありますよ。

将来のライフプランを確認する

彼に、将来のライフプランを聞いておきましょう。結婚願望があるかないか、子供は何人欲しいのか、いらないのか、介護になったらどうするつもりなのかなどなど。あなたが子供を作る気満々だったのに、いざとなったら全く協力的でない、なんて夫婦はたくさんいます。

介護も、あなたに押し付ける気満々だったり「嫁が介護をするのが当たり前」という考えがあるかもしれません。同居なども知らないうちに約束したりしているかもしれません。しっかりとライフプランを確認しましょう。

「彼氏がすごく結婚したがるの。私すごく愛されてる!」なんて思っていたら、実は介護役をさがしていた…なんてことになりませんよう。

譲り合いと思いやりの心を

10歳上の彼氏は、あなたより10年早く年を取ります。体にもガタが来やすくなり、体のあちこちに不調が出てくるのもあなたよりもずっと早いのです。若いときにたくさんあなたを引っ張ってくれた彼に、思いやりの意識を持ちましょう。年上であることを責めるような発言もやめましょう。

どんなに彼氏が年上で包容力があっても、老いることであなたを守れなくなることもあるでしょう。あなたはずっとお姫様ではいられないのです。次はあなたが彼を守る番なのです。

年上でも夫婦は夫婦、支え合いましょう

どんなに彼が年上でも、結婚してしまえば夫婦という一つの形に変わりはありません。「10歳も上なのに、頼りないわ!」なんていうのは通用しないのです。夫婦は支え合うものですから。

手をとりあい、ささえあい、一緒になって良かったね、幸せだったねと思える2人になりますよう。応援しています。