2011 年 08 月 23 日 (火)|RSS Feed
密着型後背位性生活に必要なモノ

by 漢方屋

密着型後背位

性生活に必要なモノセックスは男女が膣とペニスを使って行なう気持ちよいコミュニケーションです。密着型後背位は日本語では一般にはバック(バックスタイル)と呼ばれる、性交体位の一種です。文字通りお互いの体を密着させた後背位です。女性または受け役が四つん這いになって肘を付いたところに、男性または立ち役が膝をついて背後から性器を挿入する体位。

後背位は挿入感が強い


後背位は膣内の奥深くまでペニスを挿入することができるので、挿入感も抜群ですし、妊娠目的の子作りSEXのときは膣内射精したときに精液を膣の奥に送り込むことができるので、オススメです。また、後背位は正常位で挿入するよりも膣の形がすこし曲がるため、ペニスを挿入したときに強い締め付け感を感じることができ、ピストン運動のときの刺激が強いので、ペニスを膣に挿入している感覚がとても気持ちいいです。彼女にとっても同じみたいです。

後背位で色々な所をいじってみよう


後背位は女の子は膣をただひたすらペニスで突かれるという、女の子から男が見えないので、ちょっとエッチな体位です。密着型後背位は、さらに体が近づいたことで、ピストン運動をしながら女の子のクリトリスをいじったり、乳首をいじったり、おっぱいを触ったりなんてことができます。無理のない体位なので、長く体位を維持することができます。僕がこの体位で彼女のクリトリスをいじってあげると、大量の愛液を出しながら、大声で喘ぎます。やっぱり膣にペニスを出し入れされながらクリトリスをいじられるのはたまらないみたいです。

密着型後背位のうれしいところ


触れ合う面積が大きくなることで、愛し愛されているって感じが大きくなります。密着型後背位のうれしいところは、やっぱり、お互いの体が密着してて温かいところですね。体が近くなったことで、彼女の体に手を回しやすくなるので、後ろから抱きついたままピストン運動をするのも気持ちよいです。あと、僕はこの体位でピストン運動をしながら彼女とキスをするのが好きです。