2011 年 03 月 15 日 (火)|RSS Feed
大地震に襲われた,皆様大丈夫でしょうか?

by 漢方屋

大地震に襲われた,皆様大丈夫でしょうか?

私たちはいまだ緊急事態に対応し、清潔な水と衛生環境を必要な人々に届けようとしています。疫病の蔓延により、二次災害が引き起こされる危険性があります。大量の遺体から疫が発生していますが、病原菌は、どんな種類があるのでしょうか。

とりあいず、免疫力アップ

適度な運動は免疫力を高め、感染症やがんなどにかかるリスクを減らす。しかし、激しく無理に体を動かすと逆に免疫力を低下させてしまう。健康を維持するためには、どのような運動が効果的なのだろうか。

免疫は体内に微生物が侵入したり、がん細胞が生じた時にそれらを排除する体の防御の仕組みだ。白血球と総称されるさまざまな細胞が免疫にかかわる。

中でも運動に最も反応するのが血液中を動き回って「敵」を攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)だ。NK細胞は運動を行うと活性化すると共に細胞数が増えるが、運動をやめると低下する。

(運動免疫学)によると、運動が適度であれば安静時の値と同程度まで戻るが、激しい運動の場合は活性は適度な運動時よりも大きく上昇し、運動後は数時間~24時間ほど安静時より低い状態が続く。1週間以上、元に戻らない場合もあるという。

(運動免疫学)によると、激しい運動で体にストレスが加わると、それに対抗するために血糖値や心拍数を上げるストレスホルモンが血液中に放出される。これには免疫を抑制する作用があるという。