2016 年 12 月 28 日 (水)|RSS Feed
冷房が辛すぎる。シトルリンで回復しましょう!

by 漢方屋

                           

季節の変わり目で温度調整が難しくなってきました。特に電車や喫茶店。冷房が強すぎると感じる方が少なくありません。カフェでお茶をしていたら、冷え過ぎて頭痛がしたり、体が痛くなったり、だるくなったり。それはまさに冷房病。放っておくと自律神経失調症になることもあるのです。そこでオススメの成分がシトルリン。シトルリンは冷房病に効果があるのです。

冷房病ってどんな症状なの?

人間の体は、体温が上がり過ぎたり下がり過ぎたりしないように自然と調整をしています。暑いと汗をかくのも、毛穴を開いて汗とともに熱を外に出す体温調節の役割なのです。このように体が自然に調整してくれる機能は自律神経がつかさどっています。しかし、長く冷房の効いた場所にいるとそういった調節機能が働かなくなり、温度差に適応できない体になってしまいます。また、長く冷えることで血流が悪くなり、むくみや凝りのような症状が出るのが冷房病と言われます。

自律神経失調症を侮るな

意識しなくても勝手に動いて、生命を維持してくれる機能を調節している神経が自律神経です。呼吸をする、臓器が動く、血管を血が流れる。これらは自律神経が調整してくれているのです。リラックス時に働く交感神経と、ストレス時に働く服交感神経があるのですが、このバランスが崩れてしまうのが自律神経失調症です。生命維持を調整している神経の不調ですから、当然体調も悪くなっていきます。しかし、風邪や盲腸炎のように薬を飲んだり手術で治るものでもありません。機能が戻るには時間がかかり、その間辛い思いをすることも少なくありません。

シトルリンで乗り越える

冷房病を悪化させないためには、冷えを改善することと、できるだけ温度差を作らないこと。冷房の風に直接あたらない、カーディガンなどを持ち歩くなどの工夫が必要です。そこで冷房で悪くなった血流を良くするシトルリンの登場です。シトルリンは血管を強くし、血流を改善するスーパーアミノ酸。ED治療にも使われるので精力剤かと思いきや、冷え性や肩こり、疲労回復や筋肉増強などにも使われています。サプリメントから摂取しても医薬品ではないので副作用はほぼありませんが、血管を拡張する効果があるので、血圧や心臓の治療をされている方は注意したほうが良いでしょう。また食品から摂りたい方は、スイカやメロンが有名ですが、これからの季節ですと「クコの実」に多く含まれていますので、薬膳や中華料理で楽しむのもOKです。