2016 年 11 月 25 日 (金)|RSS Feed
コーヒーで脂肪燃焼するって本当

by 漢方屋

 

コーヒーの脂肪燃焼効果で楽ちんダイエット

コーヒーには脂肪燃焼効果があるのをご存じでしょうか。いつも何気なく飲んでいるコーヒーが、タイミングを意識して飲むだけで脂肪が燃焼し、ダイエット効果につながるのでコーヒー好きの人には嬉しいですね。今回は、ダイエット効果が感じられるコーヒーの飲み方を紹介します。コーヒーが苦手でなければぜひ試してみてくださいね。

コーヒーの嬉しい4つの脂肪燃焼効果

コーヒーは脂肪燃焼のほかにも嬉しい美容効果があります。どのような効果があるのか具体的に見てみましょう。

1.コーヒーの成分で脂肪が燃焼

コーヒーには、クロロゲン酸とカフェインという成分が含まれています。クロロゲン酸は脂肪を燃焼させる効果があり、カフェインには脂肪を分解するリパーゼという、酵素を活発にする働きがあるといわれています。

なので、コーヒーを飲むことですでに体にたまっている脂肪を燃焼させやすくし、体に脂肪をつきにくくさせるという嬉しい効果が期待できるので、ダイエットの力強い味方になってくれます。

2.代謝アップでむくみ改善

コーヒーに含まれるカフェインには、血行を促進する効果があると言われています。そのため、全身の血流がよくなり体温が上がることで、代謝アップにつながります。体温が1度あがると基礎代謝が13~15%変動すると言われているので、痩せやすい体に近づきます。冷え症や肩こりの改善にもつながるので、嬉しいですね。

また、カフェインには利尿作用もあるため余分な老廃物などを排出してくれる効果もあります。それによりむくみの改善にもつながるので、体のラインがスッキリしますね。

3.良い香りでリラックス効果

コーヒーの香りには、脳にα波を生じさせてリラックス効果をもたらすと言われています。コーヒーの良い香りを感じて、ホッとリラックスできるのはそのためなんですね。ストレスを感じた時はコーヒーを飲み、一息ついてリラックスしましょうね。

4.デトックス、アンチエイジング効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、体をさびつかせる活性酸素を抑制することで、アンチエイジングが期待できる抗酸化作用があると言われています。実際に、コーヒーを多く飲んでいる女性の方が顔のシミが少なく、美肌率が高いということも言われているんです。

また、カフェインの利尿作用で老廃物を排出してデトックス効果にもつながるので、女性にとって嬉しい効果ばかり感じられますね。

脂肪が燃焼するコーヒーダイエットの方法

脂肪燃焼を始め、嬉しい美容効果がたくさんあるコーヒー。では実際にどのタイミングや方法で飲めば効果があるのか詳しく見ていきましょう。

おすすめはドリップコーヒー

カフェインとクロロゲン酸がコーヒーで脂肪燃焼させるポイントになってきます。そこで、おすすめなのがドリップコーヒーです。ドリップコーヒーはインスタントや缶コーヒーと比べて、1番多くカフェインやクロロゲン酸を摂取することができます。

ちなみに、クロロゲン酸は熱に弱い性質があるので、浅煎りのものでドリップした方がより脂肪燃焼効果を感じられますよ。時間がないときは、缶コーヒーやインスタントでも大丈夫なので安心してくださいね。

ブラックで香りと味を楽しむ

ダイエット効果を期待して飲むので、砂糖やミルクを入れるとカロリーが高くなり、逆効果になってしまいます。なので、ブラックでコーヒー本来の味と香りを楽しんでリラックスしましょう。缶コーヒーの場合も無糖のものがおすすめです。

どうしてもブラックで飲むのが難しい人は、砂糖やミルクの量を半分以下にしてみましょう。また、ミルクの代わりに豆乳を使うと、ヘルシーで低カロリーになるのでおすすめです。

ホットのコーヒーで代謝アップ

暑いときなどアイスコーヒーを飲みたくなってしまうと思いますが、カフェインやクロロゲン酸をより吸収するために、ホットコーヒーにしましょう。温かいコーヒーを飲むことで内臓が温まり、代謝アップにもつながります。また、コーヒーのお湯を80度くらいにするとクロロゲン酸が失われずにすむので、脂肪燃焼効果もアップしますよ。

食後や運動前に飲むのがベスト

食後のコーヒーは、食事で入ってきた脂肪やすでにある脂肪を燃焼する効果があります。レストランなどで食後のコーヒーがあるのは、理にかなっているからかもしれませんね。

また、運動する30分くらい前にコーヒーを飲むのも、脂肪が燃焼しやすくなるのでよりダイエット効果を感じることができると思います。運動は20分以上のウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。ウォーキングなどの時間がとれない人は、入浴30分前くらいにコーヒーを飲み、ゆっくり半身浴しても効果が感じられますよ。

コーヒーダイエットで気をつけたい4つの事

女性に嬉しい美容効果がたくさんあるコーヒーですが、次の4つのことに気をつけて飲むようにしましょう。

1.多くても1日4杯まで

コーヒーは脂肪燃焼などのいろいろな美容効果がありますが、カフェインが含まれているので飲みすぎには気をつけましょう。カフェインを過剰に摂取すると不安感・不眠・頭痛などの症状がでる可能性があるので、コーヒーは1日2~3杯、多くても4杯までにしましょう。

2.妊婦さんは控える

妊婦さんはコーヒーに限らず、カフェインはなるべく摂取を控えるようにしましょう。カフェインを過剰摂取すると、お腹の赤ちゃんの健康に影響がでたり、貧血になりやすくなります。また妊娠、授乳中は体力をつける時期でもあるので、ダイエットは避けるようにしましょう。

3.寝る前は避ける

コーヒーには、眠気を覚ます効果があるので寝る直前に飲んでしまうと、なかなか寝れなくなってしまう可能性があります。睡眠中には食べ物を消化したり、代謝を活発にする成長ホルモンが分泌されたりするので、良質な睡眠をとるために4時間前くらいからは控えるようにしましょう。

4.空腹時は避けて食後に

コーヒーには胃酸の分泌を促進する効果があると言われています。なので空腹時にコーヒーを飲むと、胃に負担がかかってしまう可能性があるので、空腹時は避けて食後に飲むようにしましょう。

コーヒーで脂肪を燃焼させ美しくなろう

コーヒーには脂肪燃焼や、デトックス、アンチエイジングなど女性に嬉しい効果がたくさんあります。また、血管を健康に維持する働きもあり、生活習慣予防にも効果があると言われています。日常の生活に簡単に取り入れられるので、彼や家族と一緒に飲みリラックスして過ごすのもいいですね。そしてコーヒーパワーで自分をより美しく磨いてみましょう。